フランスの田舎暮らしと大好きなアンティークの話をゆったりと綴ります。リンクはご自由にどうぞ。コメント欄が閉じていることが多いのですが、コメントくださった方、こちらから伺わせていただきますね!
by la_cle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
検索
ネットショップ&旅紀行
メールは、lacle_info アットマーク(@に変換)yahoo.co.jp まで。お返事に時間がかかるときがありますが、よろしくお願いします。

フランスのブロカントで見つけたアンティークショップはこちらから


ヨーロッパ旅紀行はこちらから


古書とクロモスのブログはこちらから


*エキサイト以外のリンク

ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

国際結婚しかも子連れ再婚

空想楽園-Replica Heaven

ほのぼの生活日和3


日通ペリカントラベルネット スイス店

スイスから現地最新情報を発信!
現地価格のホテル、ツアー、航空券などをオンラインで予約できる便利なサイトです。



sozai
chaton noir 様
フランス 国際結婚手続きについて ② (2010年)
だいぶ久しぶりになってしまいましたが、検索されてらっしゃる方が多いので、国際結婚手続きの続きを書きます。

フランスに提出する各書類の準備は、フランス 国際結婚手続きについて①(2010) をご覧ください。

さて、続きを・・・。

前回に、一度受理された全ての書類でしたが、結婚式2日前になって、「悪いんだけれど、やっぱり、亡くなった旦那さんの死亡診断書みたいのが作れないかな?」と言われ、いろいろと相談した結果、死去日さえ入っていればいいと言うことになり、そちらも法定翻訳が必要とのこと。
結局、法定翻訳家の方に頼んで、除籍謄本からそれに似たものを作っていただきました。

書類一式を受理されると、そこで結婚の日取りの予約をします。
その後、10日前から村のMairieの掲示板に結婚に反対するものがいないか公示されます。 (市によっては、地方新聞で公示されるようです)

この公示期間に異議がなかった場合は、結婚式当日、新郎新婦と証人になってくれる友人等が一緒にMairieに行きます。
うちの場合は、上のお姉ちゃんとお姉ちゃんの彼。(苦笑)
(二人とも、身分証明書のコピーを求められていたので、事前に渡していました)

このあと宣誓が行われ、サインをしなくてはいけないのですが、この『サイン』が曲者。
このことは、また別に書きます。

2日後には、Mairieの方が、Livret de Famille (家族手帳)を持ってきてくれましたが、
どうやら地域によっては、1ヶ月くらい経ってから、送られてくるようです。
こういうところは、田舎ならではといったところで、いつもとても丁寧に対応してくれます。
まぁ、火曜日の午前中と金曜日の午後にしか開いてないという不便さはありますが・・・(笑)

さて、次は日本に提出する書類です。
私の場合は、以前にリヨンから婚姻届を送っていただいたので、郵送による届け出の方法です。

必要な書類一式
① 婚姻届 2通
② 婚姻証明書 2通(Copie integrale d'acte de marigae 仏文原本)
こちらは、Mairieの方が、2日後に直接持ってきてくれましたが、頼めばすぐに出してくれます。
(Extrait d'acte de mariage では、受け付けてもらえません)
③ ②の和訳文 2通(全訳、翻訳者を明記したもの)
④ 外国人配偶者の国籍証明書 2通
(Certificat de nationalite Tribunal d'instance(仏国小審裁判所)発行のもの)
⑤ ④の和訳文 2通
⑥ 日本人配偶者の戸籍謄本(抄本)
⑦ 日本人旅券コピー
⑧ 国籍証明書の返送用封筒と切手


記入例は、もちろん送ってくださいますが、これがまた難しい!
フランス人は、洗礼名を持っている人が多いので、普段全く聞かないミドルネームが入ったり、お母さんの旧姓がとにかく長く、なんだこれ?状態。

特に住所は、普段、日本で言うところの『県』を書くことがないので、まず『県』から調べ、うちのような小さな村は、○○通りという通りもなく、村の中としか訳せない住所。
ちなみに、「村の下」「村の外れ」もよく見られます。
結局、リヨンに電話して、「カタカナで表記してくれたらいいです」と言われたので、ほっとしました。
また、村の名前は、微妙な発音が多いので、カタカナ表記がかなり難しく、こちらも「県の場合は、規定があるので、同じ表記にして欲しいのですが、それ以降は、自分の聞こえるように書いてもらってかまわないですよ」との事。

日本提出書類は、法定翻訳でなくていいので、自分で翻訳できます。
フランス語がわからないと、国籍証明書の翻訳が若干手こずるかもしれませんが、見本があるので案外簡単にできます。

こちらの国籍証明書は、フランス人も生涯一度しか発行してもらえないらしく、「絶対にオリジナルは返送してもらってください」と何度も念を押されました。

これらの全ての書類が揃ったら、書留で郵送します。
ファックスによる事前の書類チェックも行ってもらえますので、自信がないときは、先に書類チェックを行ってもらうほうが、手間がかからずおすすめです。

余談ですが、私の住んでいる地域は、フランスの健康保険は、出生証明書(Acte de Naissance)の翻訳のコピーとLivret de Famille(家族手帳)があれば、簡単に入れました。
この健康保険のナンバーは一生涯変わることがないらしく、絶対にナンバーを忘れないようにとおどされました。

さて、次回はまたしばらくたって、フランス滞在許可書について書きます。
[PR]
by la_cle | 2010-08-17 07:51 | 国際結婚手続きなど
<< フランス 国際結婚手続きについ... フランス 国際結婚手続きについ... >>


最新の記事
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧