フランスの田舎暮らしと大好きなアンティークの話をゆったりと綴ります。リンクはご自由にどうぞ。コメント欄が閉じていることが多いのですが、コメントくださった方、こちらから伺わせていただきますね!
by la_cle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
検索
ネットショップ&旅紀行
メールは、lacle_info アットマーク(@に変換)yahoo.co.jp まで。お返事に時間がかかるときがありますが、よろしくお願いします。

フランスのブロカントで見つけたアンティークショップはこちらから


ヨーロッパ旅紀行はこちらから


古書とクロモスのブログはこちらから


*エキサイト以外のリンク

ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

国際結婚しかも子連れ再婚

空想楽園-Replica Heaven

ほのぼの生活日和3


日通ペリカントラベルネット スイス店

スイスから現地最新情報を発信!
現地価格のホテル、ツアー、航空券などをオンラインで予約できる便利なサイトです。



sozai
chaton noir 様
フランス 国際結婚手続きについて ⑤(2010年)
何人かお問い合わせがあったので、最後の『フランス語の試験』の話を書いておきます。

過去記事はコチラ
フランス 国際結婚手続きについて ①(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ②(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ③(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ④(2010年)
フランス 移民局出頭編

前回、移民局でいろいろと説明してくださったムッシューが、「15日のAM9:00に必ず学校に行ってくださいね。行かないと大変なことになりますよ。」とかなりしつこく言っていたので、14日の晩からそわそわしていましたが、14日の夜9時ごろ、「ごめんなさい。明日の予定だったけど、来週にしてください」と電話がかかってきました。

もっと早く電話してくれたら、他の用事が入れられたのに。。。。と恨めしく思いながら、結局先週の金曜日の夕方6時から、試験を受けにいってきました。

まず初めは、お互いの自己紹介からはじまり、「絶対に持ってきてくださいね」と念押しされた、パスポートと書類等(これは、移民局で渡された全てのものです)を渡します。
その後、日本で言うところの『履歴書』を作っていきました。

フランス語をどれくらい学んだことがあるのか(この時、フランス人に習ったかどうかなど、結構細かく聞かれます)、最終学歴や持っているディプロム、職歴など細かく聞き取って、書類に記載していきます。

その後、筆記試験にうつりました。

そうですね・・・。
問題としては、非常に簡単なものから、最終は長文読解まで6枚くらいあったかと思います。1枚目は、絵と単語を結ぶ子供がやるようなものでしたが、一番難しいのは、問題文そのものなのです。(試験結果は後ほど書きます)

先生は、試験前に「一切質問をしてはいけません」と言って、試験用紙を渡してくれました。

たまたま、私の場合は、フランスで、子供のテキストを購入して、1冊やりきったので、問題自体にとても慣れていたのですが、一度も子供のテキストを見た事がないと、何が書いてあるのかわからないかもしれません。

試験が終わると、今後のことを詳しく話してくれます。

現在のフランスの法律では、外国人は全て、250時間学校に通わなくてはいけないようです。
私は、いまだ「時間」と「ユーロ」の発音をたまに聞き間違えるのですが、この時も、「250ユーロお支払いするんですね」と聞きかえました。
すると、「いえ、どれだけ通っても無料ですよ」と言われ、自分が聞き間違えたことに気づきました。(苦笑)

どうやら、250時間終了しても、通いたければ通っていいらしく(もちろん無料で)、いろいろ勉強できるようです。
また、この250時間が終了すると、全ての人が、再度試験を受けなくてはいけません。

この250時間後に受ける試験は、最初の試験の結果で決められるようで、私は初め一番下のクラスの試験を受ければよかったのですが、「これでは、あなたには簡単すぎるから、もっと上のディプロムを取って、フランスで仕事をしなさい」と言われました。

幸い(?)自分の予想より、結果が良かったようです。
長文読解は、途中でギブアップしましたが、それ以外はそんなに難しくはなかったので、これから試験を受ける方も心配いらないのでは?と思います。
そして、先生もとても優しい女性でした。

日本のように『お正月』がないので、1月3日から学校です。
都会の場合は、毎日学校があるようですが、田舎なので、週3日。
たまに、生徒みんなでピクニックに行ったりするようです。
先生の話では、アジア人(中国、台湾)の人たちもいますよとのことですし、しばらくフランス語を鍛えられに行ってきます。

ということで、これで国際結婚手続きの全行程は終了です。
まぁ、フランスの国際免許証に書き換える手続きが残っていますが、これは1年以内なので、来年ゆっくりやることにします。

それでは、今後国際結婚の手続きをされる方、フランス大統領がサルコジさんに変わってからは、かなり厳しくなっているので、手続きの書類集めが大変だと思いますが、頑張ってくださいね。

特に、戸籍謄本(抄本)は、最初の1年目だけたくさん使いますし、こちらの法定翻訳は、今後もかなり使用することになりますので、必ずコピーを残すか、WEBで原本をもらって、何度も使えるようにしておいたほうがいいと思います。

では、みなさんの書類が無事受理していただけるよう祈っております。
[PR]
by la_cle | 2010-12-21 06:59 | 国際結婚手続きなど
<< フランス 国際結婚手続きについ... フランス移民局出頭編 >>


最新の記事
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧