フランスの田舎暮らしと大好きなアンティークの話をゆったりと綴ります。リンクはご自由にどうぞ。コメント欄が閉じていることが多いのですが、コメントくださった方、こちらから伺わせていただきますね!
by la_cle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
検索
ネットショップ&旅紀行
メールは、lacle_info アットマーク(@に変換)yahoo.co.jp まで。お返事に時間がかかるときがありますが、よろしくお願いします。

フランスのブロカントで見つけたアンティークショップはこちらから


ヨーロッパ旅紀行はこちらから


古書とクロモスのブログはこちらから


*エキサイト以外のリンク

ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

国際結婚しかも子連れ再婚

空想楽園-Replica Heaven

ほのぼの生活日和3


日通ペリカントラベルネット スイス店

スイスから現地最新情報を発信!
現地価格のホテル、ツアー、航空券などをオンラインで予約できる便利なサイトです。



sozai
chaton noir 様
フランス 国際結婚手続きについて ⑥ (2011年)
今日は、また久しぶりに手続き等を書いておきます。
この件に関してお問い合わせが多いので、なるべく詳しく書いているのですが、私はプロではないので、最終的にはフランス人の旦那さんに直接問い合わせてもらうのが一番簡単な方法だと思います。

さて、前回までのお話は以下にリンクをはっておきます。

過去記事はコチラ
フランス 国際結婚手続きについて ①(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ②(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ③(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ④(2010年)
フランス 移民局出頭編
フランス 国際結婚手続きについて ⑤(2010年)


さて、まだまだ終わっていない手続きのため、時々OFIIから呼び出しが来ます。
(それも、結構な脅し文句が書いてある手紙が届きます)

フランスに労働ビザで来られる方は、1回だけだそうですが、結婚でフランスに来た人たちは2回(1回目を受けてから約3週間後に2回目)、指定の場所(学校)に行ってフランスについて学びます。時々逆になるそうですが、私の場合1回目は、フランスの歴史や税金、法律などについて学び、2回目は、生活に即した知っておいたら便利な法律や制度を教えてくれるそうです。

(*この内容をここで書くとおそろしくページを必要とするので割愛します。)

私はまだ1回目しか受講していませんが、初めて日本人の方の通訳の方がつきました。
しかし、今回6人も日本人の方がいらっしゃったので(通訳の人曰く、最近経費削減のため、人が集まるまで待機させられるらしいです)、遠くてあまり聞こえませんでした。

この日は、午前9時半からスタートし、お昼はチケットをもらうので、そのチケットが使えるレストランに行き、みんなで食事します。その後、1時半からお昼の授業が始まり、3時半で終わりました。(最初は5時過ぎまでかかると言われましたが、全く質問がなかったので早く終わったそうです)

2回目は日本人2人で受けるそうですが、今度は通訳がつかなさそうなので、頼んでみたら?と言われたのですが、まぁ、なんとか自分のフランス語力でやり通そうと思っています。

このカリキュラムに参加したとき、同じ立場の日本人女性といろいろ話していたのですが、地域によって学校の毛色が全く違うそうで、やはり都会は結構シビアなようです。

私は、1週間に3回で、火曜日のみ午前、午後というカリキュラムなのですが、彼女の学校は、週4回で水曜日のみ午前だけ。ということで、彼女は学校が始まったばかりなのに、私より先に試験があるらしく、大変そうでした。

その上、私の通っている学校は、かなりアットホームな雰囲気で、みんな交代でお菓子を焼いてきたり、みんなで集めた小銭で、コーヒーや紅茶をいつも用意してあって、休憩時間も学生の頃と同じようにみんなしゃべっているのですが、彼女の通う学校では、お菓子や飲み物は、必要な人が自分の分だけ持参。休み時間も全く会話がないそうです。そして、完全に試験対策の授業で、会話することを目的としていないため、テキストが全く違いびっくり。

ということで、友達ができないらしく、学校に行くのが憂鬱だそうで、次の日、学校で、「他の学校は、ここと違ってかなりシリアスらしくて、みんなおしゃべりもなしで、授業も真面目なことしかしてないんだって」と言ったら、先生に、「あら、うちと同じじゃない。みんな、そう思うわよねぇ~!」と一蹴されました(苦笑)

******************************************

さて、このカリキュラムは、外国人にとっての『義務』であり、放棄したら二度とビザを発給しませんと手紙には書かれていました。

どうやら詳しく聞くと、3回目までは手紙が届き、3回目以内に顔を出さないと、本当にビザが発給されなくなるそうです。私の場合、1回目は父の件があり、どうしても行けなかったので、相方に電話してもらったのですが、事情があるときは、もちろん考慮してくれます。

それにしても、ビザが貰えないことになるのに、来ない人がいるの?と疑問に思いましたが、その日の講師が、「あら?今日はものすごい出席率ね!19人なのに、17人も来てるわ!」と喜んでいました。

実は、その日の出席者は、日本人とイギリス人、アメリカ人だけという珍しい日で、普段はアラブ系やアフリカ系の人たちがほとんで、ひどいと誰一人連絡なしに来ないそうです。
だから、あんなに強い口調で文面を書かないといけないんだなぁ・・・とその時わかりました。

ということで、2回目が終了すれば次の滞在許可書更新まで、あとはのんびり過ごせます。

メールをくださるみなさんも、いろいろと書類が難しいのと、法律的な問題でわからないことも多いと思いますが、思い切ってフランスのOFIIや在仏日本大使館などに質問してみてください。
もちろん、思ったような回答が来なかったりもしますが、悩んでいるよりは行動したほうが早いと思います。
みなさんが、なんとか国際結婚の手続きが終わることを、私も心から祈っています。

2回目も面白ければ報告しますし、報告がなければ、次回の滞在ビザの更新でご報告します!
[PR]
by la_cle | 2011-05-31 01:13 | 国際結婚手続きなど
<< 2012年 滞在許可証更新 3... フランス 国際結婚手続きについ... >>


最新の記事
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧