フランスの田舎暮らしと大好きなアンティークの話をゆったりと綴ります。リンクはご自由にどうぞ。コメント欄が閉じていることが多いのですが、コメントくださった方、こちらから伺わせていただきますね!
by la_cle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
検索
ネットショップ&旅紀行
メールは、lacle_info アットマーク(@に変換)yahoo.co.jp まで。お返事に時間がかかるときがありますが、よろしくお願いします。

フランスのブロカントで見つけたアンティークショップはこちらから


ヨーロッパ旅紀行はこちらから


古書とクロモスのブログはこちらから


*エキサイト以外のリンク

ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

国際結婚しかも子連れ再婚

空想楽園-Replica Heaven

ほのぼの生活日和3


日通ペリカントラベルネット スイス店

スイスから現地最新情報を発信!
現地価格のホテル、ツアー、航空券などをオンラインで予約できる便利なサイトです。



sozai
chaton noir 様
<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
フランス 国際結婚手続きについて ⑤(2010年)
何人かお問い合わせがあったので、最後の『フランス語の試験』の話を書いておきます。

過去記事はコチラ
フランス 国際結婚手続きについて ①(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ②(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ③(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ④(2010年)
フランス 移民局出頭編

前回、移民局でいろいろと説明してくださったムッシューが、「15日のAM9:00に必ず学校に行ってくださいね。行かないと大変なことになりますよ。」とかなりしつこく言っていたので、14日の晩からそわそわしていましたが、14日の夜9時ごろ、「ごめんなさい。明日の予定だったけど、来週にしてください」と電話がかかってきました。

もっと早く電話してくれたら、他の用事が入れられたのに。。。。と恨めしく思いながら、結局先週の金曜日の夕方6時から、試験を受けにいってきました。

まず初めは、お互いの自己紹介からはじまり、「絶対に持ってきてくださいね」と念押しされた、パスポートと書類等(これは、移民局で渡された全てのものです)を渡します。
その後、日本で言うところの『履歴書』を作っていきました。

フランス語をどれくらい学んだことがあるのか(この時、フランス人に習ったかどうかなど、結構細かく聞かれます)、最終学歴や持っているディプロム、職歴など細かく聞き取って、書類に記載していきます。

その後、筆記試験にうつりました。

そうですね・・・。
問題としては、非常に簡単なものから、最終は長文読解まで6枚くらいあったかと思います。1枚目は、絵と単語を結ぶ子供がやるようなものでしたが、一番難しいのは、問題文そのものなのです。(試験結果は後ほど書きます)

先生は、試験前に「一切質問をしてはいけません」と言って、試験用紙を渡してくれました。

たまたま、私の場合は、フランスで、子供のテキストを購入して、1冊やりきったので、問題自体にとても慣れていたのですが、一度も子供のテキストを見た事がないと、何が書いてあるのかわからないかもしれません。

試験が終わると、今後のことを詳しく話してくれます。

現在のフランスの法律では、外国人は全て、250時間学校に通わなくてはいけないようです。
私は、いまだ「時間」と「ユーロ」の発音をたまに聞き間違えるのですが、この時も、「250ユーロお支払いするんですね」と聞きかえました。
すると、「いえ、どれだけ通っても無料ですよ」と言われ、自分が聞き間違えたことに気づきました。(苦笑)

どうやら、250時間終了しても、通いたければ通っていいらしく(もちろん無料で)、いろいろ勉強できるようです。
また、この250時間が終了すると、全ての人が、再度試験を受けなくてはいけません。

この250時間後に受ける試験は、最初の試験の結果で決められるようで、私は初め一番下のクラスの試験を受ければよかったのですが、「これでは、あなたには簡単すぎるから、もっと上のディプロムを取って、フランスで仕事をしなさい」と言われました。

幸い(?)自分の予想より、結果が良かったようです。
長文読解は、途中でギブアップしましたが、それ以外はそんなに難しくはなかったので、これから試験を受ける方も心配いらないのでは?と思います。
そして、先生もとても優しい女性でした。

日本のように『お正月』がないので、1月3日から学校です。
都会の場合は、毎日学校があるようですが、田舎なので、週3日。
たまに、生徒みんなでピクニックに行ったりするようです。
先生の話では、アジア人(中国、台湾)の人たちもいますよとのことですし、しばらくフランス語を鍛えられに行ってきます。

ということで、これで国際結婚手続きの全行程は終了です。
まぁ、フランスの国際免許証に書き換える手続きが残っていますが、これは1年以内なので、来年ゆっくりやることにします。

それでは、今後国際結婚の手続きをされる方、フランス大統領がサルコジさんに変わってからは、かなり厳しくなっているので、手続きの書類集めが大変だと思いますが、頑張ってくださいね。

特に、戸籍謄本(抄本)は、最初の1年目だけたくさん使いますし、こちらの法定翻訳は、今後もかなり使用することになりますので、必ずコピーを残すか、WEBで原本をもらって、何度も使えるようにしておいたほうがいいと思います。

では、みなさんの書類が無事受理していただけるよう祈っております。
[PR]
by la_cle | 2010-12-21 06:59 | 国際結婚手続きなど
フランス移民局出頭編
とうとう、私の最後の大仕事(?)、移民局出頭の日がやってきました。
この日をどんなに待ちわびたことか・・・。
大げさなようですが、あの書類、この書類と奔走していたことの集大成です。

手続きに必要な書類などは、以下の過去記事からどうぞ。

フランス 国際結婚手続きについて ①(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ②(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ③(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ④(2010年)

そして、今朝早起きして、早めに家を出ようとすると・・・。
『吹雪』。。。

はい、1時間も遅刻しました。

大渋滞と超ノロノロ運転で、もうどうしようもありませんでした。
とりあえず、間に合わないとわかった時点で、電話を入れるとみんな似たようなものだったらしく、
「来てくれたら、いつでもやってあげるわよ。」と、とっても優しいお言葉。。。
やっぱり、パリと違って田舎は優しいなぁ~と心からほっとしました。

e0187960_5575750.jpg


中に入り、入口でとりあえず番号札を取ったのですが、「どうもここじゃない」という気がしたので、仕方なくいつも感じの悪い1er(2階)の受付のお姉さんに、相方が聞きにいってくれました。
すると、「この近く」と一言で強制終了(苦笑)

私が、「絶対この上だって」ともう1つ階段をあがると、それらしき矢印がありました。
すると、優しそうなマダムがいたので、相方に尋ねてもらうと、「あぁ、この部屋に入って」とすんなり通してくれました。

さて、ここからは、一人です。
通訳がないなか、手続きするのはさすがに不安があったのですが、仕方ありません。

中に入ると、説明していたマダムに、「私の横に座って」と言われたので、席に着くと、
早速「ビザつきのパスポート持ってる?」と聞かれたので、急いでパスポートを手渡すと、
私のパスポートを使って説明をはじめました。(苦笑)

「今日は、アメリカ、ニュージーランド、ケニア、ギニア、そして日本の方です」と、
手続きに来ている人たちの簡単な紹介があり、続いて、滞在許可の更新を希望する場合、
2ヶ月前に申請に来ることや、いつもカバンの中にVISAを携帯しておくことなど説明され、
その後メディカルチェックへ。

ここで、プチ情報。

移民局申請の際、健康診断書が必要だと書いてあり、日本出国前に健康診断を受けてる方もいらっしゃるようですが、結論から言って、日本で受けてくる必要はないように感じます。
もしも、日本で健康診断を受けた場合、それを提出するだけでOKですが、法定翻訳をつけなくてはいけなかったように思います。
こちらに来てからだと、無料なのでそのほうがお得です。
(もちろん、自分の住んでいる管轄の移民局によって、違うかもしれないので、一度移民局に尋ねてみてください)

さて、先日、移民局出頭日までに、胸部のレントゲンを撮っておくことと言われていたので、
レントゲン写真を持っていくと、中に入っていた「normal」の用紙を見て「OK」と一言。

次に、三種混合のワクチンを受けたのは、いつ頃か聞かれました。
子供の頃に受けただけなので、そう伝えると「悪いけど、10年以上経ってたら、もう一度受けてもらってるの。近くでワクチンの摂取をお願いね」と言われました。

続いて、健康診断を最近受けたことがあるか聞かれ、「1年以上前に・・・」と答えると、「何か問題はあった?」と聞かれたので、「ないです」と答えました。
すると、「今後は、フランスで1年に1回受けられるから安心して」と笑顔で言われたのですが、
とても感じのいい女医さんでした。

その後、両親の病歴など聞かれ、身長、体重、血圧を計ったら無事終わりました。

メディカルチェックが終わると、すぐに別室に呼ばれ、提出書類と印紙(移民局のHPで購入済)の確認が行われます。
こちらのマダムもとても楽しい方で、「ところで、あなたの住んでる村はどこにあるの?」と聞かれ、場所を説明すると、「よく今日、来れたわね~。やっぱり、スキーで来たの?」と
お決まりのフランスジョーク。。。

ひととおり、ジョークが終わると、問題なく移民局発行のシールをパスポートに添付してくれました!(心の中で、おめでとう!と自分に言っておきました)

最後に、また別室に呼ばれ、簡単な面談が行われました。

『そういえば、試験はどうなったんだろう・・・?』と思ったところ、2週間後に指定された場所に行って、そこで試験を受けるのだそう。

ちなみに、私の場合の面談内容は、フランスの法律についての簡単な説明と、免許証のこと、あとフランスで仕事をしたいかなどが質問されました。

そして、健康保険の確認もされました。
*これは、持っていなかなくてはいけない書類に書かれていなかったので注意です)
普通はフランス人の配偶者のカードを出せばOKだと思いますが、私は自分のカードをすでに持っていたので、「完璧じゃないか」と笑われました。

さて、これで全工程が多分終了したと思いますが、後日行われるフランス語の試験で、レベルチェックがあります。
そこで、自分のレベルのクラスに入り、一定の期間、学校に通うことになります。
(もちろん、無料です)
最終的に試験に受かれば、ディプロマも出してくれるそうなので、真面目に通おうと思っています。

又、面談をしてくれた男性の説明によると1月か2月に、もう一度、日本語のできる翻訳者と面談して、法律の説明と、私がフランスでしたいこと、困っていること等を話す日が設けられるようです。

一応、困ったときには、「私に電話してきなさい」と名刺を頂いたので、
最終的に、「意外にフランスも親切なところがあるんだなぁ」と感じたことは、
いうまでもありません。

しかし・・・!

その後、ショッピングセンターで、雪の降る中、
男性が必死でカートの中の食品を、車の中に入れている横で、
女性が腰に手を当て、タバコをふかしながら、文句ばかり言ってる姿を見て、
「やっぱり、これがフランスだよな」と思ったこともいうまでもありません。
[PR]
by la_cle | 2010-12-04 07:46 | 国際結婚手続きなど


最新の記事
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧