フランスの田舎暮らしと大好きなアンティークの話をゆったりと綴ります。リンクはご自由にどうぞ。コメント欄が閉じていることが多いのですが、コメントくださった方、こちらから伺わせていただきますね!
by la_cle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
検索
ネットショップ&旅紀行
メールは、lacle_info アットマーク(@に変換)yahoo.co.jp まで。お返事に時間がかかるときがありますが、よろしくお願いします。

フランスのブロカントで見つけたアンティークショップはこちらから


ヨーロッパ旅紀行はこちらから


古書とクロモスのブログはこちらから


*エキサイト以外のリンク

ジンジャーの薫り・・・仏田舎手帖

国際結婚しかも子連れ再婚

空想楽園-Replica Heaven

ほのぼの生活日和3


日通ペリカントラベルネット スイス店

スイスから現地最新情報を発信!
現地価格のホテル、ツアー、航空券などをオンラインで予約できる便利なサイトです。



sozai
chaton noir 様
フランス 国際結婚手続きについて ③ (2010年)
さて、前回の続き、国際結婚手続きの『フランス人の配偶者ビザと移民局申請書』について、書いておこうと思います。

以前の記事は、こちらから。
フランス 国際結婚手続きについて ①(2010年)
フランス 国際結婚手続きについて ②(2010年)

残すところは、いわゆる『滞在許可書』の取得です。

聞くところによると、サルコジ政権の前までは、観光ビザでフランスに入国し、こちらで書類を整えることが可能だったようですが、現在は必ず日本で、
* フランス人の配偶者ビザ(長期滞在ビザ)
* フランスでフランス人と結婚し、長期滞在するためのビザ

のどちらかのビザを取得しておかなくてはいけません。

そして、どの方のブログなどを検索しても、「配偶者ビザ」のほうが、取得が楽だということだったので、私もあっさり、配偶者ビザを取得することにしました。

違いとしては、結婚前にビザを取得しておくか、結婚後にビザを取得するかだと思うのですが、書類の数が違うのと、結婚前のビザの場合、銀行口座にお金がこれだけありますよという証明書が必要なので、多少面倒だからだと思います。

詳しくは
在日フランス大使館のHPを参照してもらったほうがいいです。というのも、いろいろと変更があるので、こちらで書いてあることから、変更になることがあります。

まず、一番最初に、必ず在日フランス大使館のビザセクションのHPにて、『予約』を取らなくてはいけません。出発の3ヶ月前から、2週間前まで予約を受け付けてもらえますが、何人か書類不備で、却下されていたのを見ましたので、最低3週間くらい前には予約していたほうがいいと思います。

東京近郊に在住の方は、問題ないかと思いますが、その他の方たちは、わざわざ東京まで行かなくてはいけないので、大変面倒です。
受取りは、600円の切手と返信用封筒(宛名記載)を用意すれば、送付してもらえますので、おすすめです。

申請必要書類は、以下の通りです。

① 長期ビザ申請書1部  こちらの記入は、日本語訳されたものをダウンロードできますが、記入例ではないので、
  何を書くのかいまいちわからない部分もあり、結構難しいので、必ず自宅で記入してから、
  持って行くのが無難です。その場で、記入させられている人もいましたが、
  教えてくれるわけでもなく、かなりみなさん大変そうでした。
② 10年以内に発行され、なおかつ残存期間が少なくとも1年3ヶ月以上残っているパスポート
  (顔写真の出ているページのコピー)

③ 写真2枚(同じ写真でカラ-のみ・正面・無帽・白の背景・35X45㎜・顎から頭までの長さが写真全体の70〜80%以内のもの・デジタル写真不可)
  こちらは、フランスで撮影しておくと、規定通りに出来上がるので便利です。
④ 外国籍の場合、日本での滞在許可証、外国人登録証 オリジナル+コピー1部
⑤ 結婚証明 オリジナル+コピー1部2ヶ月以内に発行された
  フランス婚姻書証謄本(copie intégrale d’acte de mariage français)
  及びフランスの家族手帳(livret de famille français)

  こちらは、自分たちの結婚式をあげた役場に行けば、すぐに作ってもらえます。
  どちらも、コピーが必要です。
⑥ フランス人配偶者の証明
  有効な身分証明書(carte nationale d’identité)のコピー1部 
  または、フランス国籍証明書のコピー1部
  (注意:フランスのパスポートは国籍の証明書ではないようです)
  または、国籍の載っている出生証明書のコピー1部(注意:COPIE INTEGRALEのみ)
 
⑦ 移民局(OFII)申請書
  フランス帰国後、必要になりますので注意してください。

その他のビザは、申請料金がそれぞれ必要みたいですが、配偶者ビザは無料でした。

待つこと、14日間。
ちゃんと、出発日までに私のパスポートが返ってくるのか、かなり不安でしたが、
無事に申請が通り、VISAが発行されました。

これで、やっとフランスに長期滞在ができる!とほっとしたのもつかの間。
この後、フランスでの手続きが待ち構えています。。。

さて、ここからは、大使館での出来事。

実は、かくいう私も、長期ビザ申請書を書くのにかなり苦労しました。
現在、どこに書いてあるのかいまいちわからなかったのですが、アルファべは大文字のみと何人かのブログで読んだので、前日に、住所を一から書き直し・・・。
また、何度も「滞在先は?」「滞在中の保証人は?」「家族は?」と出てくるので、「これって、毎回書かなくてはいけないのかな?」と疑問に思い、当日、誰かに聞いてみようと暢気に構えていましたが・・・。

当日、所定の場所に行くと、入口の扉に鍵がかかっており、警備の人が私を確認して、鍵を開けてくれました。その後、手荷物検査と身体検査(飛行機搭乗前の貴金属反応のセンサーの前を通ります)を経て、やっと中へ。。。

そして、私の考えていた状況と全く異なり、中では異様な緊張感が張り詰めていました。
話をしている人たちは一人もいなく、人に聞けるような雰囲気ではありません。

そんな中、一人の女性が窓口で泣いていました。
「困ります!?今日、わざわざ予約して遠方から来たんです!!どうしろって言うんですか!?」とかなり言いあいをしています。
多分、書類に不備があったのでしょうが、ねばったかいもなく断られていました。

在日フランス大使館のHPを読むと、

*電話での質問は受け付けません。
*質問の内容はビザに関するものに限ります。
*フランスに行ってからの手続きに関する質問にはお答えいたしません。
*必要書類の取得方法、代替書類に関する質問にはお答えいたしません。
*ビザの申請の前、必要書類の形態についての質問にはお答えいたしません。書類の確認は申請の時窓口で行います。
*複数の質問をいただいた場合でも全ての質問にお答えするとは限りません。
*基本的にそれぞれのビザに必要な書類はウェブに掲載しているもののみですので、そちらをご参照ください。

と書いてあるとおり、個人的にとても冷たい印象があります。
日本のように懇切丁寧に対応してもらえると思ったら大間違いで、
できるだけ事前に自分で調べて用意するのが無難で、おすすめです。

また、ビザを取得申請する人のみが、ビザ申請セクションの中に入れるので、友達や旦那さんについてきてもらって・・・と言うわけにはいかないのでご注意を。


さて、話は元に戻り、待つこと30分。
やっと、自分の名前が呼ばれました。

相手は、フランス人の男性です。

「どのビザが必要ですか?」と日本語で聞いてきたので、「配偶者ビザが欲しいのですが・・・」と答えると、突然『にこっ』っと笑顔になり、「じゃあ、フランス語が話せて当然だね。ここからはフランス語ね」と言われました。

さして難しい質問がなかったので、なんとか受け答えすると、1部コピーが足りなかったものを、「僕がやってあげるよ」とかなり上機嫌の様子。
あの緊張感が嘘のように、スムーズに終わり、指紋採取と写真撮影を終えた頃には、「僕、今日初めてフランス語で応対できたよ」と余分な話をしだしました。

「フランスに留学したいってビザを取りに来てるのに、みんな「フランス語はわかりません」って言うから、いつも不思議なんだ」と言っていましたが、やはり、少しでもフランス語で話すと彼らもとても親切です。

日本では、「お客様至上主義」ですから、それこそサービスを受ける側の当然の権利として、なんでもやってもらうのが当たり前になっています。
これに慣れきっていると、外国で生活していくのは厳しいということを改めて感じた一日でした。
[PR]
# by la_cle | 2010-11-20 01:41 | 国際結婚手続きなど
フランス 国際結婚手続きについて ② (2010年)
だいぶ久しぶりになってしまいましたが、検索されてらっしゃる方が多いので、国際結婚手続きの続きを書きます。

フランスに提出する各書類の準備は、フランス 国際結婚手続きについて①(2010) をご覧ください。

さて、続きを・・・。

前回に、一度受理された全ての書類でしたが、結婚式2日前になって、「悪いんだけれど、やっぱり、亡くなった旦那さんの死亡診断書みたいのが作れないかな?」と言われ、いろいろと相談した結果、死去日さえ入っていればいいと言うことになり、そちらも法定翻訳が必要とのこと。
結局、法定翻訳家の方に頼んで、除籍謄本からそれに似たものを作っていただきました。

書類一式を受理されると、そこで結婚の日取りの予約をします。
その後、10日前から村のMairieの掲示板に結婚に反対するものがいないか公示されます。 (市によっては、地方新聞で公示されるようです)

この公示期間に異議がなかった場合は、結婚式当日、新郎新婦と証人になってくれる友人等が一緒にMairieに行きます。
うちの場合は、上のお姉ちゃんとお姉ちゃんの彼。(苦笑)
(二人とも、身分証明書のコピーを求められていたので、事前に渡していました)

このあと宣誓が行われ、サインをしなくてはいけないのですが、この『サイン』が曲者。
このことは、また別に書きます。

2日後には、Mairieの方が、Livret de Famille (家族手帳)を持ってきてくれましたが、
どうやら地域によっては、1ヶ月くらい経ってから、送られてくるようです。
こういうところは、田舎ならではといったところで、いつもとても丁寧に対応してくれます。
まぁ、火曜日の午前中と金曜日の午後にしか開いてないという不便さはありますが・・・(笑)

さて、次は日本に提出する書類です。
私の場合は、以前にリヨンから婚姻届を送っていただいたので、郵送による届け出の方法です。

必要な書類一式
① 婚姻届 2通
② 婚姻証明書 2通(Copie integrale d'acte de marigae 仏文原本)
こちらは、Mairieの方が、2日後に直接持ってきてくれましたが、頼めばすぐに出してくれます。
(Extrait d'acte de mariage では、受け付けてもらえません)
③ ②の和訳文 2通(全訳、翻訳者を明記したもの)
④ 外国人配偶者の国籍証明書 2通
(Certificat de nationalite Tribunal d'instance(仏国小審裁判所)発行のもの)
⑤ ④の和訳文 2通
⑥ 日本人配偶者の戸籍謄本(抄本)
⑦ 日本人旅券コピー
⑧ 国籍証明書の返送用封筒と切手


記入例は、もちろん送ってくださいますが、これがまた難しい!
フランス人は、洗礼名を持っている人が多いので、普段全く聞かないミドルネームが入ったり、お母さんの旧姓がとにかく長く、なんだこれ?状態。

特に住所は、普段、日本で言うところの『県』を書くことがないので、まず『県』から調べ、うちのような小さな村は、○○通りという通りもなく、村の中としか訳せない住所。
ちなみに、「村の下」「村の外れ」もよく見られます。
結局、リヨンに電話して、「カタカナで表記してくれたらいいです」と言われたので、ほっとしました。
また、村の名前は、微妙な発音が多いので、カタカナ表記がかなり難しく、こちらも「県の場合は、規定があるので、同じ表記にして欲しいのですが、それ以降は、自分の聞こえるように書いてもらってかまわないですよ」との事。

日本提出書類は、法定翻訳でなくていいので、自分で翻訳できます。
フランス語がわからないと、国籍証明書の翻訳が若干手こずるかもしれませんが、見本があるので案外簡単にできます。

こちらの国籍証明書は、フランス人も生涯一度しか発行してもらえないらしく、「絶対にオリジナルは返送してもらってください」と何度も念を押されました。

これらの全ての書類が揃ったら、書留で郵送します。
ファックスによる事前の書類チェックも行ってもらえますので、自信がないときは、先に書類チェックを行ってもらうほうが、手間がかからずおすすめです。

余談ですが、私の住んでいる地域は、フランスの健康保険は、出生証明書(Acte de Naissance)の翻訳のコピーとLivret de Famille(家族手帳)があれば、簡単に入れました。
この健康保険のナンバーは一生涯変わることがないらしく、絶対にナンバーを忘れないようにとおどされました。

さて、次回はまたしばらくたって、フランス滞在許可書について書きます。
[PR]
# by la_cle | 2010-08-17 07:51 | 国際結婚手続きなど
フランス 国際結婚手続きについて ① (2010年)
今日は、少し国際結婚の手続きの仕方を書きたいと思います。
まだ、全ての手続きが終わっていないので、少しずつ追記していきます。

私もさんざんネットで調べたり、友人に聞いたりしましたが、私のようなタイプは、とてもまれらしく、どこを調べても答えに見つかりませんでした。
ということで、かなり手探り状態だったので、もしも私と同じ立場の方がいらっしゃったときのためにと思って記載しておきます。

① 現在独身で、ご結婚される方(初婚)
たくさんサイトがありますのでそちらを参照してみてください。
以下に参考HPをリンクしておきます。
在フランス日本国大使館HP

② 離婚による再婚の場合
こちらも、それほどは難しくはないので、上記のHPを参考にされればOKです。
ただ、役所によって、要求する書類や法定翻訳の必要な書類が変わってきますので、自分が結婚する村のMairie(役所)に確かめるのが一番です。

③死別による再婚
いわゆる私のケースの場合は、事情が少し特殊になります。
この場合は、Mairieと大使館に聞いて、どういう書類が作れて、どれならOKなのかの刷り合わせが必要になります。

まず、日本で習得しなくてはいけない書類は以下の4つです。

<本籍地のある場所で取得(郵送可)>
① 戸籍謄本
② 改正原戸籍謄本
  平成6年の法務省令により、戸籍がコンピューター化されました。
  そのため、戸籍謄本だけ取り寄せても、離婚したなどの事実が消えている場合があり、
  以前の記録が必要な場合(婚姻や相続など)は、こちらを取り寄せる必要があります。

<以前に戸籍があった場所で取得(郵送可>
③ 除籍謄本
  こちらも、籍を抜いた証明に必要になります。

<私の場合は、法務局で取得>
④ 婚礼用件具備証明書
  こちらは、在外日本大使館や市区町村でも発行してくれるそうですが、
  法務省は無料だったので、法務局で取得しました。

これらを全て取得したあと、外務省にアポスティーユをつけてもらいます。
郵送でも受けつけてくれます。
私の場合は、大阪分室に行ける距離だったので、直接行きましたが、次の日には書類を受け渡してくれるので、すぐに必要な方には便利だと思います。

〒540-0008 大阪市中央区大手前2-1-22 外務省 大阪分室(大阪府庁3階)

ここまでが、まず日本で必要な書類手続きです。

次に、在留届を出します。(以下の書類申請は、在留届を先に行わなくてはいけません。もちろん同時にも行えます)

こちらは、お住まいの場所によって届け出るマルセイユ総領事館になるか、パリの在フランス大使館になるかなど違いがありますが、日本の外務省のHPでインターネットによる『在留届電子届出システム』が使えます。こちらのほうが簡単にできるので、私はこちらで行いました。

さて、いよいよここからが本番!

次にMairieに言われた書類を用意するべく、私の場合はリヨンに書類を送りましたが、この場合先に問い合わせをして、どの用紙を送付すればいいか聞いておくことをおすすめします。
とても丁寧に教えていただけるので、私も不安が解消されました。
また、メールにて申請用紙を送ってくれますので、こちらを記入して送らなくてはいけません。

私の場合は、
出生証明書(Acte de Naissance)と慣習証明書(Certificat de Coutume)を取り寄せなくてはいけないので、送付した物は以下の物です。

① 戸籍謄本
② 改正原戸籍謄本
③ 除籍謄本
④ パスポートのコピー
⑤ 申請用紙
⑥ 返信用封筒と切手250g分(婚姻届を送ってもらうため、重くなりました)
⑦ 小切手9ユーロ分
  こちらの金額は改定がありますが、『出生証明書』と一般的な再婚の方が使われる
  『婚姻および離婚証明書(Certificat de Mariage et de Divorce)』は、
  現在各9ユーロです。
  また、慣習証明書(Certificat de Coutume)は、無料で発行してくれます。


かなり難しいことを長く書きましたので、続きはまた次回にまとめて書きますね!
[PR]
# by la_cle | 2010-05-23 01:01 | 国際結婚手続きなど


最新の記事
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧